ウォーターサーバーとは長いお付き合い

ウォーターサーバー業者はよく吟味して選ばなければなりません。
ウォーターサーバーを利用している人のほとんどは口を揃えて、
「もう水道水は飲めない」、「水によって味が全然違うことが分かった」と仰います。

 

ウォーターサーバー業者を選ぶ際は、長いお付き合いになることを想定することが肝心です。

 

営業担当の対応で業者を選ぶ

ウォーターサーバーを申し込む際は、必ず一度は営業担当と会ってください。
業者の中ではホームページからの申し込みのみの受付で、営業が訪問しないところもありますが、
もし営業担当と話す機会を設けられるのであれば、必ず会って下さい。

 

直接会えば、まず相手がどんな人柄なのかが分かります。
営業方法を見れば、その会社がどんな営業方針をとっているかがよく理解できます。
相手の身なり、口調、態度、提案方法、水に対する知識などは最初の会話の10分程度で分かるはずです。

 

それ以外にもしつこい勧誘をしてこないか、こちらが求めている答えを提示してくれるか、執拗に高額なプランへの勧誘をしてこないか、その場で契約を無理強いしてこないか、など優良業者の有無を判断するポイントはいくらでもあります。

 

アフターフォローの対応の早さなども大切ですが、これらは契約後の話となるので、
できれば契約する前段階で悪質業者は切りたいところです。

 

電話対応のみの業者

先に紹介した業者の判断の仕方は、なにも直接会わなくともある程度は分かります。
電話対応のみの業者の場合は、電話対応で判断すればいいだけです。

 

もちろん面と向かって話すほうが相手をよく知ることができますが、
電話対応がずさんな業者というのは、のちのち対応の悪さが露呈するものです。
電話の相手の話し口調、こちらの質問に対して納得できる答えを持っているか、料金の質問に対して曖昧な回答はしないか、商品のメリットデメリットはきちんと説明してくれるかなどがポイントとなります。

 

また、問い合わせ先の連絡先はフリーダイヤルかどうかも非常に大切な要素です。
相手がきちんとした企業であれば、電話料金を客に負担させるような考えはありません。
逆に、フリーダイヤルではなく、単なる固定電話のみであれば、企業として怪しいです。
もし携帯電話番号しか表記されていなかったら、なおのことです。
悪質業者の中には、契約を結んでお金を回収したあとに蒸発するようなところもあります。

 

業者は簡単に変えることはない

業者によって取り扱っている水は異なります。
RO水であれば味は同じかもしれませんが、
天然水の場合は水源地ごとにミネラル成分が異なりますので、味はまったく異なります。

 

天然水に飲みなれてくれば、他の水と飲み比べるとはっきりと味の違いが分かりますので、
安易に業者を変えると、「この水美味しくない」、「また業者変えてよ」となることがあります。

 

ですので、最初に契約した業者とは長い付き合いとなることを念頭に置くことが肝要です。
もし業者を変えるのであれば、天然水を飲んでいる家族皆で話し合うことも大切となるでしょう。