浄水器と比較

美味しい水、衛生的な水を飲みたいとき、ウォーターサーバーと併せて検討されるのが「浄水器」です。
ウォーターサーバーと浄水器を比較した場合、衛生面、味わい、ランニングコストなどはどちらが魅力的なのかをご紹介したいと思います。

 

浄水器とは

ウォーターサーバーでは最初から綺麗な水を飲むことができますが、
浄水器は水道水を特製のフィルターを通してろ過します。

 

浄水器にもさまざまな種類があり、蛇口に直接繋ぐ簡易的なタイプから、浄水装置をシンクの傍に置いてホースで水道管と繋ぐタイプまであります。

 

もちろん大掛かりな装置になればそれだけ設置コストもかかりますし、フィルターやカードリッジの交換も定期的に行わなければなりません。

 

コストは浄水器がお得

浄水器の種類は何十種類とあり、設置費とランニングコストもピンキリです。
10万円や20万円の浄水装置を設置すれば、それだけ維持する費用も高くなりますし、1万円前後の簡易的な浄水器であれば維持費も数千円です。

 

対してウォーターサーバーは契約によって毎月水タンクが自宅に届けられます。
ですので飲んでも飲まなくても契約に従って基本料金は支払う必要があるのがネックとなります。

 

浄水器の場合は年に数回、フィルターあるいはカードリッジを交換することになりますが、設置にかかった費用よりかは安く済みますので、ランニングコストだけを見れば浄水器に軍配が挙がると言っていいでしょう。

 

衛生面はウォーターサーバーがおすすめ

浄水器には中空糸膜や活性炭、逆浸透膜、セラミックなどのフィルターが組み込まれてあり、
これによって不純物を取り除くことができます。

 

値段が高い浄水器はそれだけ不純物を取り除く機能が高く、限りなくRO水に近い水を作ることができます。
しかし、安い浄水器だと不純物の取り残しが必ずあります。

 

また、どれだけ不純物がろ過せずに通過してしまったかは判断できないため、
衛生面を考えると元から保証されたウォーターサーバーには勝てません。

 

逆に高い浄水装置を付けるのであれば、ランニングコストも高くなってしまい、
浄水器のお得感がなくなってしまいます。

 

ウォーターサーバーの方が断然美味しい理由

では最後に味をみてみましょう。
これは言うまでもなくウォーターサーバーとなります。
浄水器でできることは不純物をなくしRO水を作り上げること程度。

 

しかしRO水はまったくの無味無臭なので衛生面には優れていますが、美味しい水ではありません。
日々の飲料水として利用するのはあまりおすすめではありません。
美味しい水とは自然の中で作られた天然水に他なりません。
浄水器はよく言えば水道水を綺麗にする魔法の装置。

 

しかし悪く言えば、どんなに綺麗にしたところであくまでも水道水は水道水なのです。
深い味わいにバランスの取れたミネラル成分に関しては、天然水に勝るものはありません。

 

浄水器は不便

浄水器が故障してしまったり、何か不具合を起こしたときは業者を呼ばなければなりません。
無論修理費用もかかりますね。ウォーターサーバは設置に費用はかかりませんし、
万一故障の際も業者がすぐに対応してくれます。

 

また、別の記事でもウォーターサーバーは災害時などの非常用の水の確保としての役割もあるとご紹介しました。
しかし浄水器はあくまでも水道水のろ過装置なので、断水のときは使い物にならなくなってしまいます。

 

このようにカテゴリー別に比較してみると、いかにウォーターサーバーが浄水器よりも優れているかが分かります。