ウォーターサーバーで使われる水

ウォーターサーバーのレンタル業者と契約を結べば、いつでも綺麗な水を飲むことができます。
では、ウォーターサーバーではどのような水を取り扱っているのでしょうか。

 

ミネラルウォーター

こちらは天然水ですね。
コンビニやスーパーでも置いてあるような「○○の天然水」と名の付いた商品が該当します。
水の中では最も高価で、サーバー業者でも値段の設定は他よりも高めに設定されています。

 

天然水を採水する場所はそれぞれ異なり、水源地が異なれば、
そこから採水される天然水に含まれる成分もまったく異なるのが特徴です。

 

水の味自体にも影響するため、「この水は美味しいけど、こっちの水は合わない」、「この天然水はコーヒーに合う」などと拘りのある人も多くいるでしょう。

 

RO水

こちらは「純水」と置き換えることもできます。
幅広く使われているろ過後の水で、H2Oに限りなく近づけた味わいです。

 

お店で飲むことができるお冷やスーパーに置いてあるウォーターサーバー、
純水洗車などに使われている水の多くはこのRO水と思ってください。

 

RO水の特徴は、水源地に関係なく同じ味、ミネラルを飲むことができるという点にあります。
その理由は事項で詳しく解説します。

 

天然水とRO水の相違点

この二つの違いはろ過方法、つまり水を飲めるまでに至る処理方法の違いにあります。

 

まず天然水ですが、こちらはあくまでも水源地で採水できる水の成分にこだわったものとなりますので、
細菌や不純物のろ過は必要最低限しか行われません。

 

また、天然水に含まれるミネラルはそのままろ過を通り抜けますので、
まさに自然界で作られた天然水を飲むことができるのです。

 

対してRO水はろ過の時点で細菌、不純物、ミネラルなどすべてを抜き取ります。
その後、マイクロフィルターで洗浄された水にミネラルを添加してできあがるのがRO水となります。
この処理方法により、上記に説明した「水源地に関係なく同じ味を飲む」ことが可能になっているのです。

 

天然水よりもRO水の方が安全性は高い

ではこの二つを比べて、どちらがおすすめなのかを知りたいところですね。
結論から言うと、安全面だけを考えればRO水がおすすめです。

 

天然水は一定の基準はあるものの、あくまでも自然界の四季を通して作り上げられた天然水を味わうのが醍醐味なので、RO水ほどのろ過はされません。
また、水には軟水と硬水があり、日本人は軟水の水を飲む傾向にあります。
ゆえに、天然水の中には硬水レベルが高いものもありますので、飲み続けているとお腹を壊すこともあります。

 

例えば赤ちゃんに衛生的な水を飲ませたい、
という目的でウォーターサーバーの設置を検討されているのであればRO水がおすすめとなります。

 

RO水の方が天然水よりも細菌や不純物がありませんし、
硬水の度合いも低いので安心して新生児に与えることができます。

 

逆に大人の飲み水として味にこだわりたい方にとってはRO水は物足りないかもしれません。
その場合は断然天然水がおすすめです。

 

天然水を選ぶ際は、まずはウォーターサーバー業者が扱う水の種類を確かめ、
その水に含まれる成分なども比較して選択するようにしましょう。
天然水によっては身体に与える付加価値効果もありますので、含有成分は大切な比較基準となります。