サーバーの掃除が面倒という人も

ウォーターサーバーを実際利用している人の意見を聞いたとき、皆さんが口を揃えて仰るデメリットがありました。
それは「ウォーターサーバーの掃除(お手入れ)が面倒」というもの。

 

ウォーターサーバー業者と契約した際に掃除の方法は教えてくれますが、
ここでは基本的な掃除過程をご紹介したいと思います。

 

意外と手間がかかるサーバーの掃除

ウォーターサーバーで常に美味しく安全な水を飲むためには、常にサーバーを清潔に保たなければなりません。
お手入れ方法はサーバーの種類によって若干異なりますが、大体の方法は同じとなります。

 

タンクとサーバーの接続口

ウォーターサーバーを利用するためには、水が入っているタンクをサーバーの差込口に接続します。
その接続口は細菌が繁殖しやすいため、常にお手入れをしなければなりません。
布巾で単純に拭き取るのではなく、定期的にアルコール消毒する必要もあります。

 

蛇口周り

温水と冷水の蛇口周りも同様に細菌が繁殖しがちです。
こちらは毎日お手入れしなければなりません。
サーバーによって蛇口部分は外れるものと固定されているものがありますので、こちらもご注意下さい。

 

サーバーの背面

背面は一ヶ月に二度か三度は必ず手間をかけて掃除をしなければなりません。
サーバーの背面はコンデンサー部分となりますので、埃が溜まっているまま放置すると故障の元となります。
雑巾で乾拭きするだけではなく、定期的に掃除機で埃を吸い取ることが必要となります。

 

メンテナンス無料サービスはどこまで任せられる?

ウォーターサーバー業者の多くは定期メンテナンス無料サービスを行っています。
これに釣られて「じゃあ掃除もしてくれるのかな?」と考えている方は要注意です。
業者側が行うメンテナンスとは「保守点検・管理」の範疇となります。

 

つまり、「故障箇所はないか」、「機能は正常かどうか」という技術的なメンテナンスのみとなります。
対して皆さん(ユーザー)が行うメンテナンスは、細菌の繁殖や埃を拭き取る、いわば「飲料水を安全に飲むためのお手入れ」となります。

 

ウォーターサーバーを利用する以上、定期的な掃除をする手間は避けられないものと思ってください。
ただ、掃除をするだけで、赤ちゃんすら安心して飲める水が手に入ると考えれば、
それも安いものではないでしょうか。