電気代はどのくらい?お得度を比較

ウォーターサーバーは当サイトでも紹介しておりますが、月々の契約が基本です。
つまり、水を使った量で計算されるのではなく、携帯電話の基本使用料のような契約プランとなります。
このことから分かるように、水の使用の有無によって維持費を節約することはできません。

 

「ウォーターサーバーを維持する費用って節約できるの?」
と言うお声が多々ありますので、今回はウォーターサーバーの節約術をご紹介したいと思います。

 

節約できるところは一箇所

家電製品を利用する際、「節約」の方法を考えますね。
例えば炊飯器や電子レンジの節約方法として真っ先に思いつくのは「節電」ではないでしょうか。
つまり、使わないときはコンセントを抜くという行為です。

 

しかし、こういった家電は不使用時は待機電力モードとなりますので、
コンセントを抜いたとしても、節約できる金額はごく僅かです。

 

では、この節電をウォーターサーバーで行えるかどうかですが、答えは「NO」です。
ウォーターサーバーは24時間温水と冷水を飲めることが魅力ですが、
これは常にコンセントを繋いでいる状態でなければ維持できません。

 

保温機能が付いている電気ポットも同じですね。
しかも、ウォーターサーバーの場合は炊飯器などと異なり、
基本仕様は24時間コンセントに繋ぎっぱなしにするのがルールとなります。

 

これを月額数十円の節約のためにコンセントを常時抜き差ししてしまうと、
今度はサーバーの方が故障してしまいます。
故意によるサーバーの故障には修理代がかかりますので、一度でも故障してしまえば、
いままで節電してきたお金もパーですし、遥かに超える修理代金を請求されることでしょう。

 

ではウォーターサーバーに関しては節約する場所はないのか。
実は一箇所だけあるのです。
それは「温度設定」です。

 

温度調整で節約できる

一般的にウォーターサーバーを維持するに発生する電気代は約1000円程度と言われています。
最近は省エネモードを搭載しているサーバーがあり、こちらであれば月々約300円から700円程度に収まります。

 

ただし、サーバーのレンタル料金を高く設定していることもありますので、
サーバーを選ぶ際は費用対効果をよく考えることが大切です。

 

家電において電気の節約は家計を支える主婦にとっては宿命のようなものですが、
ウォーターサーバーにおいては「保温の温度を調整」することで電気代を節約することができます。
サーバーの中には自分で温水と冷水の温度を調整することができる種類があります。

 

温水であればなるべく低い温度に設定し、冷水であれば、なるべく高い温度に設定することによって、
若干ではありますが電気代を節約することができます。
これはエアコンと同じ要領です。

 

常時室内を28度に設定したときと、24度に設定したときでは前者の方が節電になりますね。

 

では次に気になるのが「温度調整したことによって、どのくらい節約できるのか」ということではないでしょうか。
これは一概には言えませんが、約10%から多くても20%程度と言われています。
まったく節電しないで月々1000円電気代がかかるとしたら、100円から200円程度の節約となります。
年間を通してみると1000円から2000円。

 

これが大きいか少ないかは見解が分かれますが、
1円でも安く維持したいとお考えであれば、このような節約術を試してみてはいかがでしょうか。