いつでも温水と冷水が飲める

これはウォーターサーバーの最大の魅力かもしれませんね。

 

ウォーターサーバーは常に電力を供給しておかなければならないデメリットがありますが、
温水と冷水両方を常に飲むことができるのが嬉しいところです。

 

赤ちゃんのミルクを作る際も、温水を利用すれば一旦水道水を沸騰させてから冷やすという手間も省けます。
また、長い目で見れば沸騰させるために利用するガス代の節約にもなりますし、冷蔵庫から冷水を取り出す開閉の電気代の節約にも繋がります。

 

温冷水のメリット

温水と冷水のメリットはそれだけではありません。
温水の温度は業者によって異なるものの、一般的には80度から90度です。

 

冷水の温度は5度前後なので、温礼水を混ぜ合わせることによって、
すぐに理想の温度の水を作ることができるのです。

 

業者を選ぶ基準にしよう

温水と冷水の温度は業者によって異なることから、こちらを業者選びの基準に置いてもいいでしょう。
「でも85度と90度って変わらないでしょ」とお考えの方も多いかと思いますね。
しかし、ずっと使い続けていると、必ず気になってきます。

 

例えばコーヒーやお茶を入れる際、もし冷水で薄めないでそのまま飲むとしたら、この5度の差で必ず悩むことになります。なぜなら、仮に85度の温水でコーヒーメーカーやポットを通してコーヒーをつくったとしても、外気に数秒間触れてしまう時点で85度よりも下がってしまいます。
熱々のコーヒーが飲みたい冬場などはこの差が悩ましい種になってしまいます。

 

また、冷水も要注意です。
ウォーターサーバーは自動で温度調整するのですが、温度に若干の幅があります。
例えば冷水の温度が5度から12度の幅のサーバーがあるとします。
5度であれば小さなお子さんは一気飲みしてしまうとお腹をくだしてしまうかもしれませんね。
しかし12度はちょっと温かい気がします。
この温度差を調整できないのが悩みとなる場合もあります。
ですので、業者を選ぶ際は「温冷水の温度の幅」を確認することが大切となります。

 

温度調節できるウォーターサーバーもある

しかし中には温度調整できるウォーターサーバーもあります。

 

このサーバーはとても便利なので、
自分が良く使う温度に予め設定しておくことにより、水の温度に悩む問題は解決されます。

 

もちろん温度調節できるサーバーを扱う業者も当サイトで紹介しておりますので、
こちらをご参考にされてみてください。