そもそもウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーは一般の家庭ではまだまだ普及しているとは言えません。
「ウォーターサーバーってなに?」
「なんで水にわざわざお金を払うの?」
などと言った疑問をお持ちの方もいることでしょう。

 

日本ではウォーターサーバーは不要?

先進国である日本では水道水をそのまま飲むことができますし、公園の蛇口ですら口を付けて飲めるほどです。しかし、中には「水道水は鉄の味がして嫌だ」、「独特のカルキ臭が堪らない」、「衛星に悪い気がする」などと言ったお声もあります。

 

同じく水道水が飲める欧米諸国では古くからウォーターサーバーは普及していて、家庭にあるのは当たり前です。
日本人もようやく普段何気なく飲んでいる「水」に対して意識が回ってきたと言えるでしょう。

 

ウォーターサーバーの活用方法

ウォーターサーバー文字通り水を溜めておく装置のことを指します。
ウォーターディスペンサーとも呼ばれていますね。

 

ご家庭で置いているところはまだ多いとは言えませんが、
ここ数年で水への関心が高まり、序々に普及しつつあります。

 

大きく分けて二つのタイプのサーバー

ウォーターサーバーを二つに大別するとなると、「電源供給を必要するか否か」となります。
電源供給が必要ないタイプは、サーバーというよりかはミネラルウォーターは置く台座となります。

 

水のタンクを逆さにしてサーバーに当て込み、
あとはレストランのドリンクバーのようにボタンやレバーを押すと水が出てくる仕組みです。

 

しかし日本のウォーターサーバー会社が取り扱っているほとんどのサーバーは電源供給タイプが一般的です。
電源供給タイプのメリットは何と言っても「24時間冷たい水と温かい水が飲める」ことにあります。
電気で水を温めているので、いつでもお湯を注ぐことができるのがウォーターサーバーの魅力ですね。

 

ウォーターサーバーを手に入れるためには

例えばスーパーのレジの後ろなどでもウォーターサーバーは見かけることができます。
お金を入れると必要量の水が出てきますので、お手持ちのペットボトルに補給することができますね。
この場合はユーザーはペットボトルだけを購入して、わざわざスーパーに行かなければなりません。

 

しかし、当サイトで紹介するのはウォーターサーバーそのものを業者からレンタルして、
常時自宅に置いておく方法です。

 

「え?でも水はどうするの?」
ご安心下さい。

 

水は月に一回から二回、業者のスタッフがタンクを取替えにやってきます。
つまり、水を補給するたびに外出する手間がなくなるということですね。

 

水が足りなくなったら業者に連絡すれば直ぐに新しいタンクを持ってきてくれますし、スーパーで何十リットルも補給することはできませんので、常に綺麗な水を使いたいという方にはサーバーをレンタルした方がメリットがあります。

 

ただし、ウォーターサーバーを扱う業者もここ数年で飛躍的に増えてきており、
どこの業者が良心的なのか、値段が安いのかが分かりづらくなっています。

 

当サイトではおすすめのウォーターサーバー業者も紹介しておりますので、
悩んでいる方はそちらをご参考になってみてください。