子供も安心して飲めるのが魅力

ウォーターサーバーで飲める水は主に天然水とRO水です。
どちらとも特製のマイクロフィルターで細菌や不純物はろ過していおりますので、
小さなお子さんでも安心して飲ませることができます。

 

また、RO水は赤ちゃんにも飲ませることができますので、
それを目的にウォーターサーバーを設置するご家庭も多いようです。

 

硬水と軟水の違い

これまでの説明でも、何度か「日本は軟水、外国は硬水」と説明してきましたね。
では、そもそも硬水と軟水とでは何が違うのでしょうか。

 

水は前回も解説しておりますが、ミネラルが豊富に含まれています。
硬水か軟水かの基準を決めるのはそのうちのカルシウムとマグネシウムの含有量となります。

 

この基準はWHOが設定している国際基準に基づいて「硬度」という単位で表され、日本は硬度60mgと言われております。そして、WHOによると「硬度300mg」以上が硬水、それ以下が軟水と定められています。
60mgの日本がいかに軟水かがお分かりいただけますでしょうか。

 

軟水と硬水どちらがいいの?

これは一概に言うことはできませんね。
硬水の場合はマグネシウムの量が多いので、飲みすぎると下痢を引き起こすことがあります。
逆に適切量を飲めば腸内環境が整って便秘解消の手助けにもなります。
味わいも硬水と軟水とでは若干異なり、軟水は飲みやすい柔らかな飲み心地で、硬水は重い印象を受けます。

 

天然水は硬水

ここで覚えておきたいのが、「天然水は硬度が高い」ということです。
とは言うものの、それは60mgの軟水と比べたときであって、ウォーターサーバー業者が扱っている天然水のほとんどの硬度は高くても100mg前後が一般的です。

 

これ以上高くすると日本人には飲みにくく、お腹を下すと業者は判断したのかもしれませんね、
しかし、「自分は硬度がもっと高い水を飲みたい」という方は、業者によっては600mgから1000mgの硬度の天然水を扱うところもありますので、探してみるといいでしょう。

 

子供に最適な硬度

では肝心の赤ちゃんや小さなお子さんに最適な硬度はどのくらいでしょうか。
まず先に赤ちゃんにはRO水がおすすめと説明しましたが、WHOの定義ではRO水の硬度は0mgから10mgと決まっています。

 

日本の水道水は60mgなので、かなりの軟水ということが分かります。
新生児含むお子さんはミネラル分が少ないほど飲み水に適していることから、
RO水がいかにおすすめということが分かりますね。

 

また、RO水は天然水以上の水質基準が設けられていますので、
ろ過するマイクロフィルターによって細菌や不純物を限りなくゼロにすることができます。

 

RO水(純水)はスーパーでも購入することができますが、毎日飲むとなると値段もかさばります。
新生児用に一台ウォーターサーバーを用意するのも、お子さんを健康に育てるためには必要と言えるでしょう。