インテリアにも最適なウォーターサーバー

ウォーターサーバーの魅力はいつでも美味しい水が飲めるだけではありません。
業者が取り扱っているサーバーはどれも外見面もお洒落で、インテリアとしても有効利用することができます。

 

ウォーターサーバーはどこに置くのがお洒落か

ウォーターサーバーを購入したら、まず最初に考えるべきは置く場所です。
第一条件として挙げられるのは「電源が供給できる場所」です。つまりコンセントが近くにあるスペースですね。
そして肝心の置く場所ですが、主婦の方であれば最初に思いつくのは「キッチン周り」ではないでしょうか。

 

ウォーターサーバーを利用するほとんどの方は料理の際にも綺麗な水を使いたいと考えていますので、
使い勝手のいい台所に設置するのが無難です。

 

しかし、キッチンスペースが広ければいいのですが、そうでない場合は邪魔になってしまいがちですね。
もしカウンターキッチン型であれば、カウンターテーブルの横に置くと見栄えもお洒落ではないでしょうか。

 

次に思いつくのがリビングです。
広々としたリビングの壁脇に沿ってウォーターサーバーがあると、それだけでちょっとしたインテリアですね。
家族皆さんが平等に使うことができるので一番のおすすめ場所となります。

 

子供部屋に置く際の注意点

ウォーターサーバー業者によっては、子供も楽しめるようなアニメキャラクターがデザインされたサーバーもあります。
アニメ好きの子供には大変好評で、進んで利用するようになるでしょう。
そのため、予め子供部屋に置いておくこともおすすめです。

 

しかし、子供部屋に置くときは3つほど注意点があります。
1つ目は「プラグを隠すこと」です。
コンセントに挿してあるコードを誤って蹴ってしまうと、足にコードが絡まって転倒する原因になりますし、
コンセントが外れてしまうとお湯ががでなくなってしまいます。

 

2つ目は「小さなお子さんのいる部屋には置かないこと」です。
ウォーターサーバーは基本冷水と温水の二つの機能がありますので、小さなお子さんが誤って温水をこぼしたりすると火傷の元にもなります。

 

最後の注意点は「角に置くこと」です。
ウォーターサーバーは縦長の装置なので、子供が部屋ではしゃいでいると、倒してしまうこともあります。
タンクのフタが外れてしまうと水がこぼれてしまいますし、サーバーも壊れてしまう可能性があります。

 

このように子供部屋に置く際は親が監視できる場所を念頭に設置スペースを考え、
予め想定されるリスクを考えた上で適切な場所を確保してください。

 

デッドスペースに置いてインテリア

部屋の間取りを考えてインテリアを置いたとき、どうしても発生してしまうのがデッドスペース。
勿体無い空白のスペースですので、何とか有効利用したいところです。

 

もしウォーターサーバーがそのスペースに嵌るのであれば、うまくデッドスペースが埋まりますし、
さらにインテリアとしても申し分ありません。

 

ウォーターサーバーは実用性に富んでいるだけではなく、外見も美観なので、
一台あるだけで部屋の見栄えが変わるという素敵な魅力があります。